FNS歌謡祭2019の今市隆二(花火)の不調はトラブル?原因調査!

7月24に放送された「FNSうたの夏まつり」に三代目J SOUL BROTHERSが
出演するということで、とても楽しみにされてた方がたくさんいたのではないかと思います。

三代目J SOUL BROTHERSは20時過ぎに、夏の名曲「花火」を歌唱しました。

その際に今市隆二さんがいつもの伸びやかな声ではなく喉の調子が悪そうに
聞こえたことから、ファンの間ではとても心配の声がSNSで上がっていました。

Liveでもとても伸びやかで美しく心に響く歌声を披露してくれる今市隆二さんの声が不調に聴こえてしまった原因などを調査してみました。

 

2019 FNS うた夏まつり 【花火】

 

歌唱力に定評があり実力派シンガーと言われている今市隆二さんの本来の歌唱力とはこちらの花火を聴く限りでは違い、喉の調子が悪いのでは?と
とても心配する声が聞かれました。

時折、登坂さんが今市さんを気にかけていたのが、どんな時もお互い支え合ってきた深いメンバー愛が感じられましたね。

ファンの心配する声

 

 

 

2019FNS夏うたまつり 【Yes We Are】

 

こちらのYes We Areを聴いていただけると分かるように、本来の今市隆二さんの
歌声になっていましたね!

喉の調子が悪ければ、Yes We Areも調子が悪く聴こえていたはずですよね。
色々調べてみましたが、ハッキリとした原因はわかりませんでしたが、

こちらは、声も伸びやかでいつもの今市隆二さんだったことから、個人的な意見になりますが原因としては、やはりイヤモニの調子が悪かったのではないかと思います!

広い会場ですと大規模なAP機器を用いて歌うと2〜3秒ほど遅れてスピーカーから
声が発せられるため、イヤモニはギター・ベース・ドラム・シンセサイザーなどの
音声を上手くミックスさせた音声を直接、歌手の耳に送ることでタイムラグを無くすことが出来るので歌手の方にとっては、とても大事なものになりますね。

イヤモニは無線で携帯の周波数とは違うらしいですが携帯の数やイヤモニの数が
増えたりすると、影響される場合があるそうです。

まとめ

今市隆二さんの花火の歌声が不調に聴こえた原因にを調査してみました。
色々な意見はありますが、今市隆二さんの普段からストイックに努力をされている姿や歌への想いはファンの方々は、よくわかっていると思います。

これからもソロ活動や三代目J SOUL BROTHERSとしても登坂広臣さんとステキな歌を唄い続けてほしいと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください